小さな花びらが、また今日も散る。

命という花が。

 

届かぬこの声は、いつの間にか悲鳴になった。

画面ごしの世界、なんてもろいものよ。

あなたは、叫んでも気づいてくれないの。

 

 

 

あの子の幸せを願ってた、あの頃を

懐かしく思う。

 

いつの間にか、話さなくなってしまいそうで

忘れられそうで。

 

また、今日も震える声で叫ぶの。

僕に、気づいて。 話しかけて。

 

小さな花は、雨にぬれて

震える体を抱きかかえながら、泣き叫ぶの。

置いてかないで、さみしいよ。 さむいよう。